News & Reportお知らせ&活動報告

今年も世田谷花きバラ研究会の定期総会が開催されました。総会と同時に、圃場視察や様々な勉強会も開催されます。同じ市場にバラを出荷する、言わばライバル同士が集い、共に学ぶ時間がここにあります。ライバル同士、切磋琢磨できる場として、今年もとても有意義な時間を過ごさせていただきました。

平成28年5月20日(金)、21日(土)
今年の世田谷花きバラ研究会総会の会場は愛知県ということで、ローズマートの農場も視察コースに。初の愛知県開催ですから張り切りってローズマート家族総出で頑張りました(笑)ご参加された皆様におかれましては遠いところお越しいただきありがとうございましたm(__)m



カテゴリー:お知らせ&活動紹介

世田谷花き合同新年会に出展・参加してきました。今回は「ROSEMART BAR」と題しまして、ヨーロッパアンティークの世界とワインを楽しむという感じでいきました♪こういう感じははじめての試みでしたが皆様いかがでしたでしょうか?

展示にご協力いただきました、成瀬フローリストさん、FloatGalleryAniquesさん、恵楽園さん、パレス化学さん、渥美フーズさん、御菓子処山中さん、世田谷花きさん、そしてご来場された皆様、ありがとうございました!

今後ともローズマート出荷組合をよろしくお願い致します。


 

平成27年7月17日(金)~18日(土)
今年もローズマート夏の情報交換会を開催。
今回のテーマは「生産者の責任とは」と題しまして
市場さん、仲卸さん、花屋さんにお集まりいただき
緊張感のある意見交換会となりました。

お忙しい中、渥美半島までお越しいただきご参会いただきました皆様
このたびは本当にありがとうございました。

皆様からの貴重なご意見の数々
これをしっかり受け止め、
ご期待に応えられる出荷グループとして
これまで以上に励ん参りたいと思います。

今年は群馬県で開催された世田谷バラ研究会(通称:バラ研)の総会に出席してきました。任期満了の役員改正で、これまで長年この会を務めてこられた当組合の太田氏も今回で後継者にバトンタッチ。これまで本当におつかれさまでした!

画像は講演会(講師はアロマテラピーの片山先生)にて貴重なバラの精油を嗅ぐ太田氏。

カテゴリー:お知らせ&活動紹介

愛知名港花き切花品評会に出品しました。

ベラヴィータ「愛知県知事賞」、

タージマハル「愛知名港花き卸売事業協同組合理事長賞」を受賞。

その他合計4点が入賞し、好成績を残すことができました。

 

 

 

今年も世田谷花きバラ研究会の 品種展示検討会に参加してきました。
今年も。。。なんて普通に言ってしまいましたが、
ローズマートが結成して初めて参加させていただいた時のあのドキドキ感とワクワク感。。。
あの時は小さな勉強会というお花屋さんの会と合同で、実際にお花屋さんがバラを使用しながら
実際にどんな仕立てのバラがいいのか?色は形は?その全てを受け入れようとして頭が破裂しそうになった覚えが(笑)

そんな初々しかった思い出のあるこの1年に1度の行事も
いつのまにか毎年の恒例行事となりました。
これからは会に貢献して世田谷市場のバラ事情をより活性化させるため努めて参りたい所存であります!

ローズマート、今日の定例会は夜の社会見学ということで久々にメンバーそろって地元愛知名古屋の花市場「名港フラワーブリッジ」へ。出発前に出荷した自分たちの花のチェックと全国から集まった花々を見させていただきました。こうしてメンバーそろって流通の現場に足を運び、肌で感じたことを共有することはやはりよいことですね。今日の刺激はさっそく明日からの花づくりによい作用を及ぼすことでしょう。出荷後出発して深夜帰宅という少しハードな弾丸視察でしたがいい視察になりました。

8月29(金)、30日(土)の2日間に渡り
いつも大変お世話になっている方々にこの渥美半島にお集まりいただき「第三回ローズマート 夏の情報交換会」を開催させていただきました。

今回は「流通」というテーマのもと、特に流通上における品質保持について、意見交換の場を設けさせていただきました。

ローズマートのバラに携わっていただいている運送会社さん、市場さん、仲卸さん、生花店さんに加え、資材メーカーさん、田原市農政さん、県議さん、そしてそのエキスパート的存在である札幌フルーロン花佳の薄木さんをお招きして約3時間という意見交換会の時間でした。

とことん流通上における品質維持についての話し合い。生産現場の意識や取り組み紹介から始まり、花き流通の流れの順にご参加くださったそれぞれのお立場の皆様よりお話をいただき、大変貴重なお話やご意見をいただくことができました。

また、2日目は圃場見学及び品種検討会も行いました。

生産から消費までの距離を結ぶこの一線上は決して点であってはならず、その中で生産という役割を担う我々もまだまだやらなければならないこととその責任について改めて認識できた貴重な時間となりました。

各方面よりお忙しい中、また遠方よりお集まりいただいた皆様には心より感謝申し上げますとともに、今後もより一層のご愛顧とご指導・ご鞭撻のほどを宜しくお願い申し上げます。この度は本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Go To Top