Shipment Quantity出荷数量&生産者のひとこと

本日の出荷数量は491ケースでした。
筋肉痛がなおりません・・・。
数日前に、とあるマラソン大会に参加しました、
去年も、このマラソン大会に参加して
運動不足を実感したのにもかかわらず
今年も同じような目にあってしまいました・・。
  
これからは少し運動しよう!!!
  
去年もこの時期に同じような事を言ってた気が・・・。

本日の出荷は526ケース

久しぶりの500ケース超の出荷量になった。
天気は回復し、晴天が続いた一週間で
作柄は一気に好転、太陽のありがたさを改めて実感した。

「お天道様が見ているぞ」と、子供の頃よく言われた。
いまではそんな言葉を言う親はいないだろうが、
お天道様はいつも味方にしていたいとつくづく思う

今週もず~と晴れの予報マークが並んでいるので
出荷量、品質ともに良い状態を維持できそう。

本日の出荷は448ケースでした。

木曜日のこの新着情報欄ですが、
最近、手抜き記事が目立つという厳しいご指摘を頂きました(-_-;)
そう言われて思い当たる節が、ないではありません。
いや、あります。
すみません。気持ちを入れ替えてしっかりとやります。

先日、『山を動かすリーダーシップ~「論理」で人は動かない~』という講演を聞きに行きました。
講師は「早稲田で一番面白い授業」に選ばれた「自己表現論」という講義をしているという原孝先生でした。
つまる所、人はリーダーのポジションではなく、その人柄、特にその人物が誠実であるかどうかによって動かされるのだ、
という内容であったとワタクシなりに理解しました。
断り切れない事情でのやむなくの講演への出席であった上、話の中で「誠実」という言葉が出てきてからは
ビリー・ジョエルの「オネスティー」という曲が頭の中でリピートされておりました。

Honesty is such a lonely word    誠実・・・なんと空しい言葉
Everyone is so untrue         誰もが嘘を重ね
Honesty is hardly ever heard     誠実・・・・・・耳にすることも少ない言葉 
And mostly what I need from you♪  君に求めている言葉

                       (対訳 YouTubeの動画より)

この訳はちょっと重い気がしますが、
リーダーとなる人たちやビリー・ジョエル的態度につけ
何につけ、オネスティーであるということはなかなか大変であることなのだと考えました。

とりあえず自分自身には、この木曜日の新着情報欄を問題なく更新していくくらいの誠実さを課してみようと思います。

本日の出荷数量は445ケースでした。
11月に入り今年も残り2か月を切りました。
天気もやっとちょっとだけ冬のような感じになってきました。
夏には暑い 暑すぎると・・言っていましたが、
そのうち寒い! 寒すぎると言ってしまう自分が
居そうです・・・。

本日の出荷は469ケース

台風一過の青空・と思いきや今日も曇天の空模様。
秋雨前線は例年の事だが、それに台風が加わり
このところ曇天や雨続きで日照不足に悩まされている。
新しい芽を吹かせるためには十分な太陽光が必要だ。
なのに、この11日間でその太陽光はわずか16時間しかなく
二日分相当に満たない日射量しか浴びていない。
いま吹くべき新芽はクリスマス頃の花になる為、その影響が心配される。

オランダで普及したナトリウムランプ照射は
日本の電気料金では普及実用化に至らなかった。
少なくとも近い将来、新しい施設園芸では
LEDによる太陽光並みの光合成技術が確立されるはずだ。
そうなれば秋雨前線も梅雨前線も怖くない。
思うがままの栽培体系が組め、施設園芸は面白くなる。

せめて自分が現役のうちに実用化になりますように・・と思いつつ
「自然相手が農業じゃ、それを克服してこそプロだ!」
と、自分を鼓舞して頑張っている

本日の出荷は470ケースでした。

急に気温が下がりました。
栽培施設の保温対策を進めなければなりません。
週間天気予報などで先々の天気や気温には目を配ってはいますが
あれやこれやに時間を取られていると
作業が後手に回ってしまい、どこか「泥縄式」となってしまったりもします。
本格的な冬が来る前に、冬将軍に余計な暖房費を奪われないために
施設の冬支度をしなければなりません。
「仕事に追われるな。仕事を追え」
とも聞いたことがありますが、聞いただけで身になってはいません。
編んだ縄で追いかけて、つなぎ止めて置くべきは、詰まる所
フラフラと出歩こうとしたがる自分自身であるのかもしれません(-_-;)

本日の出荷数量は501ケースでした。
思ったより暖かい日が続きましたが
今夜から一気に寒くなるようです。
予報では最低気温10℃
なんて言う予報を出しているところもあり
一気に冬に向かって走り始めそうです。
  
本格的に暖房シーズンか・・・。

本日の出荷は450ケース
「猛暑バブル」とでもいえる異常相場も落ち着き
バラの価格はいつもの数字が並び始めた。
高騰相場はもちろん嬉しいが、その分相当なプレシャーと
緊張が続いていたので、少し一服して一休みという感じだ。
これがまた長く続くようだと文句を言いだし
生産者とは我儘な人種であることは間違いない

管総理が環太平洋経済協定の検討を表明した
もし、協定締結が実現すれば農業界は壊滅的な打撃を受ける。
当然、全国農協中央会などの農業団体は断固反対の決起大会を開き
農村票を奪い返す好機とみた自民党も反対だと批判している。

「第一次産業の国内総生産の割合は1.5%。それを守るために
98.5%の大部分が犠牲になっている。今こそ国を開くべきである」
これは前原外務大臣のコメントだ。
たしかに国に手厚く守られた農業界が
産業界の足を引っ張っている事実は否めない。
国益を考えれば、いつか必ず貿易自由化はやってくる。

かつて沖縄返還の手土産に繊維自由化を決め
繊維業界を潰した日本政府に対し
「糸を売って縄を買うのか」と批判した国民も
安くて良い服が買える現在では文句を言う人などいない。

今、農業を売って日本が何を買うのかは、わからないが
「昔は日本でも牛を飼っていたり、お米を作っていたんだよ・・」
という時代がくるのかもしれない

本日の出荷は405ケースでした。

昨日、地元のラジオ、FM椰子の実に出演しました。
当組合と、組合が協賛している豊橋まちなかスロータウン映画祭の紹介をするのが任務でした。
ラジオパーソナリティーの方が質問して、こちらが答えるというトーク形式でしたが、想定外の質問もあってなかなか苦戦しました。
普段考えてもいないことは急に尋ねられても答えられないのだ、とまさにオンエアー中に実感したのでした。
う~ん、と考えているうちに、何度かパーソナリティーの方に綺麗な落とし所に導かれた箇所もありました。
パーソナリティーの方の自問自答とまでは言いませんが・・・・・・。
そのフォローにずいぶんと助けられたのも事実です。
ただカッコつけたことを言って言葉が上滑りするようなことがないように、後で自分の首を絞めるようなことにならないようとは心がけました。

ホントはちょっとカッコつけたことも言ってみたかったんですけれどね。
例えば「ローズマートの薔薇を贈ったら、相手のハートは火傷じゃすまないぜ、フッ」とかね。

本日の出荷数量は403ケースでした。
ちょっと少なめの出荷量になりました。
今日は朝から曇りっぱなしな1日です。
   
毎日のように暑い日 寒い日 暖かい日が
コロコロ変ってるてるような日が
けっこう続いてるような気がします。

Go To Top